この度はこだて工芸舎元町ハウスと本町十二ヶ月両店舗共、2014年2月7日に十字街電停前の梅津商店に移転・オープン致しました。
 
梅津商店は、茨城県常陸太田市出身の梅津福次郎さんが明治半ばに函館に来て以来、4度の火事を越えて78歳(昭和10年)の時に建てた築79年の建物です。
明治大正昭和と函館の興隆と共に梅津商店は食料品・雑貨・酒類の卸業で財を成し、発展してきました。そして福次郎さんは函館では市立東高校の土地を寄付したり、出身地の常陸太田市では役場を寄付したりと、各地に多大な貢献をした方です。
現在の建物もその商店風な作りで、当時の函館の良き時代の面影を残しています。
この度のコロナウイルスを受け、お困りの方も多い事と思います。
はこだて工芸舎では手洗い・消毒など十分に心がけ仕事をし、お客様より頂きましたマスクの型紙の配布などもしています。

第18回 日本のKOUGEI 丹波焼の世界展

18回目になる日本のKOUGEI展のテーマは丹波焼です。
日本の六古窯の一つ、兵庫県の中程にある丹波焼は1000年以上の歴史があり、70以上の窯元があります。
古くから甕や壺など生活雑器を焼き、現在も民芸陶器など生活に身近な陶器を焼き続けています。
いつもは函館市地域交流まちづくりセンターをお借りして開催してきましたが、今年はコロナの状況もあり規模を縮小してはこだて工芸舎内で開催します。
丹波焼は10の窯元を2階の和室を中心に展示し、その他の工芸を1階の展示場で展示販売します。
また、丹波独自の丹波栗や丹波黒豆、丹波茶などの食品も販売します。
混雑を避けるために会期は9日間と長くし、3月5日金曜日は夜9時まで営業しますので、ゆっくりご覧いただけます。
会期/2021年2月26日[金]〜 3月7日[日]3月5日(金)は夜21時まで開催
会場/はこだて工芸舎

詳しくは »

過去の情報 »

遊牧民の手仕事 キリム・ギャベ 展

自然素材を使用し、男女問わず、長く着てもらえるような洋服を目指しています。
シンプルさと着心地の良さにこだわりつつ、「ありそうでなかった…」と感じてもらえるようなデザインを意識して毎日ミシンと向き合っています。
ぜひ袖を通しにお越し下さい。
会期/2021年2月3日[水]〜 2021年2月14日[日]

詳しくは »

過去の情報 »

遊牧民の手仕事 キリム・ギャベ 展

お手本も図案もなく、即興で織られるその図柄は自分たちの暮らしの中の大切なものを思い描きながら兀々と作られ続けています。
時の流れを感じるオールドキリムからギャべまでこの機会に観て、触れて下さい。
会期/2021年2月12日[金]〜 2021年2月23日[火]

詳しくは »

過去の情報 »

春を告げる、ひな祭りまでの楽しみ方 展

春を迎える最初の行事が桃の節句、
少し待ち遠しい季節までどんな風に過ごしましょう。
ふと気が付くと、もうひな祭りがまじかに迫って慌てて準備を始めることも多いかもしれません。
今年はゆっくり春を待つひな祭りを楽しみませんか、
冬の終わりを楽しむためのひな祭り展です。
会期/2021年1月15日[金]〜 2021年3月3日[水]

詳しくは »

過去の情報 »

春を告げる、ひな祭りまでの楽しみ方

お正月が過ぎると気持ちは一気に春が恋しくなってきます。
待ち遠しい春の季節を思いながら、2月の節分やお雛様をちょと早めに飾って一足ごとに近く春を楽しみましょう。
会期/2021年1月15日[金]〜 2021年3月3日[水]

詳しくは »

過去の情報 »

ATELIER MANIS バリからの風 やさしさを着る

新しい年の始まりは何となく居住まいを正し、気持ちを新たにしたくなります。
アトリエマニスの衣服はそんな気持ちにぴったり。
心を込めて織り上げられた布を使い隅々まで行きとどいた手仕事で作り上げています。
ずっと大切にしたくなる逸品です。
会期/2021年1月6日[水]〜 2021年1月17日[日]

詳しくは »

過去の情報 »