この度はこだて工芸舎元町ハウスと本町十二ヶ月両店舗共、2014年2月7日に十字街電停前の梅津商店に移転・オープン致しました。
 
梅津商店は、茨城県常陸太田市出身の梅津福次郎さんが明治半ばに函館に来て以来、4度の火事を越えて78歳(昭和10年)の時に建てた築79年の建物です。
明治大正昭和と函館の興隆と共に梅津商店は食料品・雑貨・酒類の卸業で財を成し、発展してきました。そして福次郎さんは函館では市立東高校の土地を寄付したり、出身地の常陸太田市では役場を寄付したりと、各地に多大な貢献をした方です。
現在の建物もその商店風な作りで、当時の函館の良き時代の面影を残しています。

田中麗子の世界展

一貫貼りのワークショップを初めて開いたのが10年前の8月でした。
一貫貼り・木工・木目込みなど多彩な田中さんの世界を一堂に紹介いたします。
(田中さんは8月5日まで函館に居ます)
会期/2019年7月26日[金]〜 8月6日[火]

恒例『夏のバザー開催』

恒例の夏のバザーを開催します。
今回も作品作家以外にリサイクルのコーナーも有り、盛り沢山ですので是非お越しください。
会期/2019年8月24日[土]〜 8月25日[日]

詳しくは »

過去の情報 »

しりぽん「秋を迎える衣服展」

タイの人たちにも愛されている手織りの素材を草木で染めた布、さらっとしていて少し暖かみのある手織りの素材は暑い夏や秋・冬にも最適です。
新設されたタイの作業場で生まれた藍など草木染の染料で作られた作品が届きます。

会期/2019年8月23日[金]〜 9月3日[火]

詳しくは »

過去の情報 »

晴れと曇りのガラス模様

ガラスを削る事で出てくるスリガラスの表情が面白く、また、そのスリガラスと透明ガラスとが組み合わさる事で無数の柄が生まれ、いつまでも好きな柄を探し続けています。

会期/2019年8月9日[金]〜 8月20日[火]

詳しくは »

過去の情報 »