瀬戸焼 喜多窯 霞仙 加藤裕重 -陶 展-

愛知県東部に位置し、日本六古窯の一つとして知られる焼き物のまち-瀬戸-。
中でも当窯の赤津地区は江戸時代、尾張徳川家の御用窯が置かれたことで知られています。
十二代にわたって受け継がれた素材と技法で、伝統の織部、御深井(おふけ)、そして現代の生活に合った多彩な釉薬の普段づかいの器をお届け致します。
会期/2019年10月4日[金]〜 10月15日[火]

会場/はこだて工芸舎
〒040-0053 函館市末広町8-8
tel 0138-22-7706
fax 0138-87-0940
※P6台有り
(am10:00〜pm6:00)