kyusu

白岩大祐「美」と用の急須 展

急須づくりをすることで、お茶と工芸品の魅力を今よりも、もっと広めることの一役を担えたら、との思いで作品を造っています。急須はお茶をいれる「道具」です。 しかしわたしは実用性・機能性だけを考えて作りません。お茶が持つ本来の美味しさを知っていただき、受け継いでいきたい。それに加えて味だけではなく、そのお茶を淹れる行為・時・場を楽しんでもらいたい。造形の美しさ、面白さのために注ぎ口・持ち手を短くしています。それに加えて、持ち手を短くしているのは急須を両手で使って欲しいから。大切な相手にプレゼントを渡す時は必ず両手を使います。お茶の味だけでなく、心を落ち着け淹れる時を楽しみ、道具やもてなす相手を大切にする気持ちすべてが、お茶を淹れる魅力なのだろうと考えながら制作しています。

会期/9月30日(金)~10月11日(火)

白岩大祐とお茶に親しむ会

10月8日(土)・9日(日) 1:00~16:00 
10月10日(月)      11:00~16:00 
参加費 無料
白岩さんが、自身の器を使い日常の中に取り入れるお茶の楽しさや、作品のついてお話ししてくれます。

会場/はこだて工芸舎 (新店舗)
〒040-0053 函館市末広町8-8
tel/fax 0138-22-7706
※P6台有り
(am10:00〜pm6:00)